進化する和食と和食居酒屋の魅力

和食とお酒を楽しむ

ご飯に味噌汁、魚に漬物。
こうした食事を見ると、つい懐かしいと感じてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

このメニューはご想像の通り和食の一般的な形です。
日本人として生まれてきた方なら、誰しも1度は口にしたことがあると思います。

 

温暖で湿潤な日本の気候は、米作りに最適です。
食の根幹を成す主食にお米が選ばれてきたのも当然なのです。

 

近年、食の欧米化が進行していると取り沙汰されていますが、
ご飯や味噌汁を懐かしく感じるところからもわかるように、和食は日本人の心の拠りどころなのです。
お米は炊飯して食べる以外にも様々な楽しみ方が存在します。
その1つがお酒です。
八重洲の美味門のように和食主体の居酒屋では、和食に合ったお酒を楽しむことができます。
お米を愛する日本人は、同時にお酒にも古くから慣れ親しんできました。
食の欧米化が進むにつれて、ワインやビールといった洋酒を飲む方が増えています。

 

お酒が好きな日本人にとって、お酒に合う料理は欠かせません。
居酒屋という形式が古くから好まれているのも、日本人のそうした性質によるところが大きいのです。

 

最近の居酒屋は、お酒だけではなく料理にもこだわりを見せています。
本格的なイタリアンや中華料理を提供するお店もあるほどです。

 

ただし、和食も負けてはいません。
日本酒だけでなく洋酒にも合う和食を目指して、居酒屋はメニュー開発に勤しんでいるのです。
日本人の故郷ともいえる和食を、お酒と美味しく楽しみたい。

 

洋酒に慣れ親しんでいる方も、たまにはこういった気持ちになることでしょう。
そこで今回は、日々成長を続ける和食と居酒屋で和食を楽しむ際のポイントについてご紹介します。

健康な身体を形成する

日本は、先進国の中でも有数の長寿大国です。
先述したように、日本人はお酒が大好きなこと事実です。

 

健康な身体を作る方法として、お酒を控えることが推奨されます。
一般的にいえば、お酒と健康は本来相反する関係にあるのです。

 

そんな日本人の健康な身体の陰には和食が存在しています。
お酒によって引き起こされる健康被害の中でも、多くの方の頭を悩ませているのが肥満になります。
ご飯と主菜、副菜、汁物というメニューが和食の定番です。

 

食事の主役はあくまでご飯であり、和食においてはご飯が進むおかずを好んで食します。
ご飯は他の主食に比べて、おかずの吸収性を高める力が強いといわれています。
そのため、身体に無駄な栄養素を溜めることが少なくなるのです。

 

また、ご飯に合うおかずとして昔から食べられてきた食材は魚や豆類、野菜がほとんどです。
こうしたおかずは脂質が少ない一方、身体への吸収率は高いため、肥満になりにくい身体が自然と出来上がります。
日本特有の四季のおかげで、私たちは食材の旬というものを知っています。

 

和食は旬の食材を取り入れますから、飽きることなく1年中食べられるのです。
お酒の飲み方は人それぞれですが、健康を考えるなら食べながら飲むことをオススメします。

 

空腹な状態でアルコールを摂取すると内臓に大きなダメージとなるからです。
居酒屋であれば、食事をしながらお酒を楽しむ場所として打ってつけといえます。

 

栄養バランスが考えられた和食を提供してくれる居酒屋で、身体に優しくお酒を堪能しましょう。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る