焼酎と和食の相性

焼酎と和食の相性

焼酎は食中酒として楽しめる世界で唯一の蒸留酒といわれます。
特に本格焼酎は濃い味付けの料理などにも負けないし料理の油脂成分を流して
口の中をさっぱりさせるなど、他の蒸留酒にはない食中酒にふさわしい酒質を持っています。

 

焼酎は日本酒に負けないくらいどのような和食とも相性の良い「和酒」なのです。
しかし焼酎にはさまざまな原材料が使用されており、
その香りが強いことから、すべての焼酎がすべての和食に合うということではありません。
このサイトでは焼酎の代表的な原材料ごとに、相性のいい和食を紹介しましょう。

 

まずは本格焼酎の代名詞と言える「芋焼酎」からです。
芋焼酎の薩摩芋の強い香りが油っぽい料理に負けないで、
旨みが口の中の油分をスキッとさせてくれます。
本格芋焼酎の本場である鹿児島の郷土料理の
さつま揚げ・きびなご・豚角煮・炭火焼き鳥・地鶏刺身、
かき揚げ・鳥の唐揚げなどの揚げもの、
おでん・芋の煮もの・切り干し大根などの味付けのしっかりとした料理、
みそ田楽・さばのみそ煮などのみそを使った料理との相性の高い焼酎です。

 

次は「麦焼酎」です。大麦の香りとドライですっきりした味わいは、
本格焼酎のなかでは一番いろいろな和食と相性の良い焼酎といえます。
焼き魚や野菜炒めなどの炒めもの、
鯛やひらめなどの白身魚の料理などをはじめどのような和食とも相性が良いうえ、
ビーフステーキなどの肉料理や酢豚・点心・餃子などの中華料理との相性が良いのも特長です。

 

もう1つが「米焼酎」です。原料も麹も100%米で造られていることからまろやかで口当たりの良く、
和食の素材そのものの味が楽しめます。
刺身・酢の物・ふろふき大根・西京焼きなどのアッサリとした和食との相性は抜群です。
なおボンゴレスパゲッティ・鮭のムニエルなどの洋食と相性が良いという特長もあります。

 

 


このページの先頭へ戻る