和食とビールをじっくり味わう

和食とビールをじっくり味わう

居酒屋などで宴会をしていると、乾杯はビールで行うのが当たり前になってきますよね。
ビールは洋酒でありながらも、日本人の生活の中にしっかり溶け込んだお酒なのです。
その理由として考えられるのが、日本人が昔から食べてきた和食と相性が良いという点です。
いくらビールそのものが美味しくても、お一緒に食べる料理と合わなければここまで普及するのは困難だったことでしょう。
今回は、そんなビールと和食をさらに美味しくいただくためのポイントについて詳しく見ていきましょう。
和食の繊細な味わいを引き立てるには、なるべく口当たりが軽くて喉越しの良いビールが好まれます。
そのため、日本では下面発酵という製法で造られたラガーというビールがよく飲まれているのです。
ラガーは低温で発酵させるのが特徴で、冷やして飲むと美味しいビールです。
日本ではビールを冷やして飲むのが習慣となっていますから、冷たさと相性が良く喉越しに優れたラガーが好まれたのでしょう。
ただし、最近では上面発酵という方法で製造されたエールビールにも注目が集まっています。
エールビールはラガーよりも歴史が深く、イギリスなどでは現在でもエールの方がよく飲まれているほどです。
味わいは麦の風味が強く、ホップの苦みをそこまで感じないのが特徴です。
炭酸もきつくありませんから、ラガーよりもエールの方が飲みやすいと感じる人もいることでしょう。
温くなっても美味しさに変化がないので、まったり食事とビールを堪能したいという人にピッタリなお酒といえます。
そんなエールビールを和食と合わせるなら、なるべく味付けの濃い料理をおすすめします。
麦の香りに負けないほど濃い味付けの和食であれば、どちらの美味しさも損なうことないからです。

和食とビールを一緒に楽しみたいという人は、ぜひラガーとエールの両方を飲み比べてみてください。

 

創作和食がビールとの相性抜群なお店。http://namba-karin.com/


このページの先頭へ戻る