和食に合うワイン

和食に合うワイン

皆さんは、和食にどのようなお酒を合わせて飲んでいるでしょうか?
ビールや日本酒が一般的かもしれませんが、
今度機会があったらぜひワインと一緒に楽しんでみてください。
和食とワインが合うなんて信じられないという人もいるかもしれませんが、
意外なほど絶妙なハーモニーを奏でるのです。
今回は、和食とワインを合わせるポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

和食とワインを合わせる原則は、料理の色とワインの色に注目することです。
赤ワインは比較的濃い味付けの料理に、白ワインはあっさりとした料理によく合うとされています。
和食は調味料を使う料理ほど色が濃くなる傾向にありますから、
濃い味付けの煮物やかば焼きなどには赤ワインを、
お刺身や酢の物といったあっさりとした味わいのものには白ワインを合わせておけば、まず間違いはありません。
赤ワインの渋みは、調味料とうまく溶け合って素材の味を引き立てます。
白ワインの繊細な味わいもまた、素材の旨味を引き出してくれるのです。
天ぷらや揚げ物のように柑橘系を絞って食べる和食に関しては、
果実の香りが強いワインを合わせてみると脂っぽさが無くなります。
この場合のワインは、ブドウ以外の素材を通過ったものでも構いません。
日本では桃やミカンなどが栽培されており、
それを原料にしたワインもあるためそちらを一緒に飲んでみると良いでしょう。
焼き鳥のような居酒屋の定番メニューもワインと合わせることでいつもとは違った味わいになるのでぜひお試しください。
最近では和食を提供する居酒屋でもワインを用意していることが少なくありません。
皆さんもぜひ一度和食とワインを一緒に召し上がってみましょう。
ワインはイタリアンも当然おすすめです。こちらのお店はどうでしょう?http://shinjuku-nuovo.com/


このページの先頭へ戻る