ほうとうはお酒の締めにピッタリ

ほうとうはお酒の締めにピッタリ

お酒を飲んだときに、締めの一品を食べたくなるという人はいませんか?
お酒を分解するときに消費される塩分や糖質を身体が求めているからです。
ラーメンやお茶漬けといったメニューがお酒の締めとしては定番ですよね。
こういったメニューに飽きてきたという人は「ほうとう」で締めてみましょう。
ほうとうとは山梨県で昔から食べられている郷土料理です。
イメージとして味噌を基調としたスープで煮込まれたうどんを思い浮かべていただくとわかりやすいでしょう。
しかし、その味わいはうどんとは似て非なるものとしか言いようがありません。
うどんとの大きな違いは麺の作り方です。
ほうとうもうどんも小麦粉を練って麺にするのですが、ほうとうはまったく食塩を混ぜることがないという特徴を持っています。
食塩が無い分うどんよりも小麦粉の味わいが強く感じられるだけでなく、麺自体がとろみを持った食感になるのです。
うどんほどのコシはありませんが、お酒を飲んだ後のお腹に優しく届く食感はほうとうならではです。
面の形状もうどんより広めに切られることが多く、この点もうどんと違った食感を生み出す要因といえます。
ほうとうに入れられる具材としてカボチャが一般的です。
時間をかけて煮込んだカボチャはお口の中で溶けてしまうほど柔らかい仕上がりです。
山梨県でよく食べられている味噌ベースのほうとうでは、実際カボチャがスープに溶けており、
麺を口に入れるとスープとともにカボチャの香りが鼻を刺激します。

居酒屋を訪れたときほうとうを見かけたら、ぜひ締めのメニューとしてご賞味ください。
立川 居酒屋


このページの先頭へ戻る