石狩鍋とお酒を楽しむ

石狩鍋とお酒を楽しむ

北海道といえば日本を代表する食の宝庫です。
豊かな自然と広大な大地、海の幸を用いた名物料理がいくつも存在します。
そんな北海道の料理でも特にお酒に合うものとしておすすめしたいのが石狩鍋です。
今回は、居酒屋で石狩鍋を食べる前に知っておくと役立つ知識について詳しく見ていきましょう。
石狩鍋とはその名の通り北海道の石狩市で食べられている郷土料理です。
基本的な具材はキャベツや玉ねぎといった野菜と大きくカットされた鮭です。
そこにキノコやイクラといった具材を添え、魚介の出汁をたっぷりとったスープで煮込みます。
最後に味噌とバターを加えたら完成です。
もともとは漁師たちが酒を食べるために作っていた賄い飯でした。

 

その美味しさが徐々に広まり、北海道から全国へと名を馳せたのです。
鍋料理の定番である白菜ではなく、あえてキャベツを使うのが石狩鍋の美味しさを決めるポイントといえます。
キャベツは加熱すると甘みが増し、それが味噌の塩気や魚介の旨味とよく合うのです。
石狩鍋にはどんなお酒を合わせたら良いのでしょうか?
基本的には鍋ものですから、やはりビールや日本酒といったお酒は欠かせません。
そこに鮭という魚介が入っていることに注目すると、ワインと合わせてみるのも良いでしょう。
あっさりとした味わいの白ワインであれば、野菜の旨味を損なうことなく石狩鍋を楽しむことが出来ます。
北海道ではビールや日本酒はもちろんのこと、ワインやウィスキーといった洋酒作りも盛んです。
石狩鍋はバターを用いていることから、和と洋の風味が融合した鍋に仕上がっています。
そのため、和のお酒だけではなくウィスキーなどの洋酒と合わせても美味しくいただけるのです。
石狩鍋を居酒屋で食べる際には、ぜひ様々なお酒と組み合わせてみてください。
鍋を食べに居酒屋行くなら阿具楽-あぐら- 新潟駅前店がおすすめです。


このページの先頭へ戻る