海外にも広まる和食の魅力

海外にも広まる和食の魅力

肥満人口が多い欧米では、近年和食の健康効果が高く評価されています。
バーやビアホールではなく、日本風の居酒屋の出店数が増加しているのです。

 

こうしたお店で提供される料理は、その土地の食材を使い、現地の方の舌に馴染みやすい味に仕上げられています。
こうした現象を鑑みるに、現代は日本という島国で独自の発展を遂げてきた和食にとって転換期となっています。

 

和食を世界へ広めようという動きが活発化した結果、2013年にはユネスコの無形文化遺産に登録されたのです。
これから和食は、世界の料理と切磋琢磨することでさらなる進化を見せてくれることでしょう。

 

和食と同時に世界へと認知され始めたのが、日本酒や居酒屋文化です。
まだまだ世界中に知れ渡ったとはいえませんが、小麦やトウモロコシを原料としたお酒を好む海外の中にも、お米の独特な風味を美味しいといってくれる人がいるのです。

 

海外から来た友人がいる方は、ぜひ1度和食居酒屋に連れて行ってあげましょう。
和食居酒屋は、日本の食文化を体現しています。
私のおすすめは豊橋の居酒屋です。

 

季節の食材や地元の特産品を使った料理をおつまみにしながら、和食の良さを体感させてあげてください。
最近では、女性を中心にひそかな焼酎ブームが巻き起こっています。

 

美味しい焼酎を飲みたいときも、和食居酒屋がオススメです。
焼酎は麦やイモ、ソバといったその土地の名産品を原料にしています。

 

名産品の味を引き出すには、旬な食材の使い方を心得ている和食居酒屋が適しているのです。
海外で広まりつつある和食の魅力を、自らの舌でもう1度確かめてみましょう。


このページの先頭へ戻る