和食を美味しくするマナー

和食を美味しくするマナー

食事の際にマナーについて皆さんはどのような考えをお持ちでしょうか?
マナーとは共通認識が尽きり上げる適切な作法のことです。
マナーを守っていない人がいると、周囲の人は不快な気持ちに陥ってしまうことがあります。
すなわち、マナーを守ることは一緒に食事をしている人たちが気持ち良く食べられるようにするための配慮でもあるのです。
また、正しいい作法を身に着けることで食事への理解が深まり、食べている本人も美味しさを強く感じることが出来ます。
そこで今回は、和食を食べる際に知っておきたいマナーについて詳しく見ていきましょう。

 

和食のときに良く用いられる割りばしですが、皆さんはどのようにして割っているでしょうか?
正しい割り方は箸を地面と平行な位置で持ち、上下に割るというものです。
この方法だと、木くずが他の人の料理に紛れることが無いというのがメリットといえます。
また、上下に割った方が割りばしは綺麗に割れやすいため、実用的なマナーなのです。

 

和食の定番であるお刺身ですが、ワサビの使い方は悩みどころですよね。
ワサビ醤油として溶かして食べたいという人もいるでしょうが、実はそれはマナー違反になってしまいます。
正しい食べ方はお刺身の上に豆粒ほどのワサビを乗せて、それを醤油の受け皿に運ぶというものです。
こうすれば醤油のお皿がワサビで汚れることがありませんし、お刺身に醤油をつけすぎるという事態も避けられます。

 

ご紹介したマナーは和食における常識にも近い作法です。
これを知っているかどうかで、周囲の人が皆さんを見る目も変わってきます。
居酒屋やレストランなど様々な場所で食べられる和食だからこそ、マナーを意識しながらいただきましょう。

 

 


このページの先頭へ戻る