もんじゃ焼きを居酒屋で

もんじゃ焼きを居酒屋で

居酒屋でおつまみとして食べるものといえば、
お肉やお魚といったおかずになるものを想像する方が多いかもしれません。
料理のバリエーションが豊富な居酒屋なら私が良く行く三宮駅近くの個室居酒屋がおすすめでした。
確かにそういったメニューも美味しいですが、最近では粉物をお供にお酒を楽しむ方が増えているのです。
それを証明するかのように、粉物を提供する居酒屋が続々と登場してきています。
今回は、そんな粉物の中でももんじゃ焼きに注目していきましょう。
もんじゃ焼きは東京の下町で生まれた家庭料理です。
駄菓子屋で子供たちのおやつ代わりとして小麦粉に出し汁を混ぜたものを鉄板で焼いて提供していたのが始まりとされています。
そこから大人たちにも広まり、
現在ではもんじゃ焼き専門店やもんじゃ焼きと一緒にお酒を楽しめる居酒屋が人気を集めているのです。
もんじゃ焼きの美味しい作り方を確認しておきましょう。
もんじゃ焼きは大きく出汁と具材に分けられます。
最初は具材だけを鉄板に乗せて、充分に火を通してください。
魚介やお肉といった火を通す必要がある具材の場合には、
ここである程度加熱しておいた方が美味しくいただけます。
具材に火が通ったら、具材の塊の中心に穴をあけるイメージでスペースを確保していきます。

ドーナツ形に具材が広がったら出汁を空洞に入れましょう。
ドーナツ状の具材から出汁が飛び出してしまうと食べにくくなるため注意してください。
出汁が沸騰してきたら具材を上から乗せるようにして混ぜましょう。
出汁が温まる前に具材と混ぜてしまうと、思うように出汁と具材が融合せず、水っぽい口当たりになってしまいます。
混ぜ終わったらしばらく放置して、鉄板との接地面に焦げ目が出来たら完成です。
もんじゃ焼きはビールや焼酎、日本酒と合うのはもちろんですが、ワインやウィスキーといった洋酒とも相性抜群です。
ぜひ居酒屋でもんじゃ焼きを楽しんでみてください。


このページの先頭へ戻る