もつ鍋の魅力と食べ方

もつ鍋の魅力と食べ方

冬の定番居酒屋メニューといえば、体をポカポカに温めてくれる鍋です。
よく五反田の居酒屋の個室で鍋を囲ってわいわい飲み会でをする事が多いですね。
鍋と一口にいっても入れる具材や味付けによってバリエーションが広いので、
いろいろな味の鍋を楽しめるのです。

 

家庭でも冬に登場回数が増える鍋料理ですが、
特に人気が高いのがもつ鍋になります。

 

もつとは動物の内臓であり、
肉の脂身のような柔らかい感触とこってりとした味が魅力で、
男女共に人気の鍋メニューとなっています。

 

人気の秘密は味がおいしいのはもちろんですが、
とてもヘルシーだからです。

 

もつ鍋はこってりとしていてカロリーも高そうに感じるのですが、
実は脂肪分も少なく低カロリーなのです。

 

肉の脂身のようなあのプニプニの正体は
美肌作りをサポートしてくれるコラーゲンなのです。

 

それに加えて持つには肌や体を作る元になる
アミノ酸が豊富に含まれています。
代謝機能も高めてくれますのでダイエットにも役立つのです。

 

しかしもつだけを選んで食べていても
その効果を十分に得ることはできません。

 

もつ鍋にはにらやもやしといった野菜がたっぷりと使われているのですが、
それらの野菜にはたっぷりのビタミンやミネラルが含まれており、
それが美容と健康をサポートしてくれます。

 

それなのでもつ鍋を食べる時はもつだけを食べるのではなく、
野菜も一緒にたっぷりと食べましょう。
そのおかげで健康や美容に良い効果を高めることができるのです。

 

もつ鍋のしめですが、ご飯を入れて雑炊にするか
ラーメンを入れて食べるのが定番です。
もつと野菜から美味しい出汁が出ているので味も抜群です。


このページの先頭へ戻る