お刺身を食べる時のマナー

お刺身を食べる時のマナー

自宅でも居酒屋でも
私たち日本人はお刺身を食べる機会が多くあります。
先日、吉祥寺にある居酒屋の個室を利用したのですがその時もお刺身を食べてました。

 

外国人にとて魚を生で食べるのは抵抗があったようですが、
昨今の和食ブームで寿司をはじめとした和食を
外国人が好んで食べるようになりました。

 

ところで日本人の私たちは、
お刺身を食べる時のマナーを知っているでしょうか?

 

刺身の食べ方にマナーがあること自体
知らない方も多いのではないでしょうか?
外食時に恥をかかないためにも、
今からでも遅くはありませんので正しいマナーを身に付けましょう。

 

お刺身はそのまま食べるのではなく、
お醤油やわさびを少し付けて食べるのが一般的な食べ方です。

 

お刺身を食べるときは醤油を入れるための器が用意されています。
それに醤油を刺して、食べる分だけのお刺身を箸で取ってから
醤油につけて食べるのが正しいマナーです。

 

ところが中にはお皿に並べられているお刺身に
そのまま醤油をかけて食べている方がいらっしゃいます。
これは実はマナー違反の行為です。

 

居酒屋や会食などで大勢の人が一つの料理をシェアするような時は、
それを嫌がる方も多いので気を付けましょう。

 

ワサビのつけ方にもマナーがあります。
お刺身の横に添えられているわさびですが、
面倒なのでわさびを直接醤油に入れて
溶かして使っている方が多く見られます。

 

実はこれもマナーに反する行為です。
そうするとお刺身の味が全てわさびで消されてしまって、
その味を十分に楽しめなくなってしまうのです。
おまけに醤油に溶かすことで、わさびの持つ風味も損なわれてしまいます。


このページの先頭へ戻る