しゃぶしゃぶのマナーについて

しゃぶしゃぶのマナーについて

しゃぶしゃぶは、鍋料理の中でも、食べたい食材をサッとお湯にくぐらせて食べるというシンプルな料理です。
そのため、食べる順番などは自分の食べたいもの順でOKと思っている人も多いでしょう。

 

ですが効率よくしかも美味しく食べるためには、ちゃんと食べる順番があります。
では知っておいて損はない、しゃぶしゃぶの順番について紹介します。
まず最初に、火が通るのに時間がかかる白菜の芯を鍋に入れているという人もいるかもしれません。
ですがこれは順番的には、間違いです。

 

なぜかというと、しゃぶしゃぶは最初にお肉を入れるのが正しい順番だからです。
もちろん、キチンと理由があります。
お肉を入れる事で、お肉からダシが出るため、お鍋の中は旨味成分がたっぷりある状態になります。
当然ながら、この状態で野菜を入れた方が、野菜が美味しく食べられるという訳です。

 

そしてお肉も種類によって、しゃぶしゃぶの仕方が変わります。
牛肉の場合は、火を通し過ぎるとお肉が硬くなってしまうので、さっとしゃぶしゃぶしてピンク色になれば食べごろです。
対して豚肉と鶏肉には、しっかり火を通す必要があるので、長めにお湯にくぐらせてしゃぶしゃぶしましょう。

 

お肉を入れると灰汁が出ます。
灰汁とはお肉から出たタンパク質がお湯の中で固まった状態です。
灰汁をそのままにしておくと、臭みの原因になってしまい、その後のしゃぶしゃぶの味が落ちてしまいます。
〆まで美味しくしゃぶしゃぶを堪能するためには、灰汁はキレイにとる必要があると言えます。

 

ちなみに、灰汁がたくさん出てゆっくり食べる事が出来ないという人もいるかもしれません。
この場合、火加減が問題がある可能性があります。
火加減が強すぎると、灰汁がたくさん出やすいので、少し火加減を弱めると灰汁が出にくくなります。
 


このページの先頭へ戻る