旬の和食に旬の新酒を

旬の和食に旬の新酒を

和食は、旬の食材を活かして味わう料理です。
そして、そんな和食に合わせて飲みたい日本酒にも、実は旬が存在すると知っていますか?

 

日本酒の仕込みは基本的に10〜3月にかけて行われます。
なぜ10月なのかというと、秋に収穫された新米を原料に製造するためです。
そして、10〜3月に仕込んだ日本酒が、様々な工程を経て12月になると完成するので、12月が日本酒の旬で新酒は発売されます。

 

新酒の魅力は何かというと、味と香りのフレッシュさにあります。
新酒はしぼりたてと表記される事も多く、しぼりたてならではの荒々しさと華やかしさが魅力だと言えるでしょう。
また旬のこの時期しか味わえないという点も魅力です。

 

新酒が発売されるのが、12月以降なので、冬の寒い時期です。
そのため新酒を熱燗で飲む人もいるかもしれません。
ですが、新酒の味を堪能するためには、熱燗ではなく、冷やで飲む事をお勧めします。
その代わりに、新酒に合わせる料理の方を、温かい料理に合わせるといいでしょう。
新酒には、湯豆腐や鍋料理などがお勧めです。

 

日本酒の旬と和食の旬を合わせて頂くなんて、贅沢だと言えるでしょう。
ただし、日本酒に関しては、旬の新酒も美味しいですが、古酒は古酒で新酒とは違った美味しさがあります。
製造されてから3年以上を経た日本酒の事を、長期熟成酒と呼びます。

 

古酒は、日本酒が熟成された事で、甘さやまろやかさが加わり、深みのある味わいと豊かな香りのお酒です。
日本酒というよりも、シェリー酒に近い味がするのが特徴です。
日本酒の種類によって、新酒が最も美味しいお酒、古酒の方が美味しいお酒に分かれるため、もっとも美味しいタイミングで頂きましょう。

 

お酒も美味しい焼肉ならこちら


このページの先頭へ戻る