旬の魚を居酒屋で

旬の魚を居酒屋で

居酒屋では四季折々の味を堪能することが出来ます。
旬の食材が美味しいということは皆さんも経験的にご存知だと思いますが、居酒屋ではそれをお酒と共にお楽しみいただけるのです。
そこで今回は、居酒屋でぜひ食べていただきたい旬の魚についてご紹介します。
春に旬を迎える魚としてはイサキがおすすめです。

 

イサキの特徴としては春になると身に脂が乗り、濃厚な味わいに変化するという点です。
塩焼きなども美味しいですが、煮つけにすると脂っぽさが程よく中和されます。
こうして調理したイサキと合わせていただきたいのがビールです。
喉越し重視で味わうビールは、イサキの風味を損なうことなく麦の香りがお口の中で広がるのです。
春に居酒屋を訪れた際にはぜひイサキを召し上がってみてください。

 

アユは夏の魚の代名詞として日本全国で漁獲される魚です。
引き締まった身は素朴な味わいでありながら、独特の風味を持っています。
アユの食べ方といえば塩焼きが有名です。
アユそのものがしっかりした味わいなので、シンプルな塩焼きが映えるのです。
釣り人からも愛されるアユですが、自分で釣るのが難しいという人は居酒屋を訪ねてみましょう。
シンプルなアユの塩焼きにはお米の香りが魅力の日本酒がピッタリです。

 

 

 

 

ご飯との相性が抜群なアユの塩焼きですから、当然ながら日本酒にも合います。
夏の暑い時期には、冷やした日本酒と共にアユの塩焼きをご賞味ください。
ご紹介した魚以外にも日本には季節の魚というものが存在します。

 

秋といえばサンマやキンメダイ、冬にはマグロやブリなど、島国だからこそ美味しい魚を一年中食べられるのです。
日本の持つ風土に感謝しながら、美味しい魚を居酒屋でご堪能ください。


このページの先頭へ戻る