スパークリング清酒と和食

スパークリング清酒と和食

最近では、海外での和食人気が高まっています。
日本へやってくる外国人はもちろんのこと、海外に出店する和食店の数も年々増加しているのです。
そんな和食ブームをひそかに支えているのがスークリング清酒という炭酸入りの日本酒です。
今回は、スパークリング清酒と和食の相性について詳しく見ていきましょう。

 

スパークリング絵師酒の魅力は、何といっても口当たりの優しさです。
日本酒に多い辛口のお酒は口当たりが強く、
日本酒が苦手な人にとってはこの吉当たりのせいでなかなか食指が伸びないことも多いのです。
スパークリング清酒は炭酸のおかげでビールやシャンパンのようにごくごく飲むことが出来ます。
そのおかげで、日本酒が苦手という人でも気軽にその美味しさに触れられるのです。
また、和食は炭酸系のお酒と非常に相性が良いとされています。
和食を中心に提供する居酒屋で最もよく飲まれるお酒がビールであることからもそれは明らかです。
天ぷらや揚げ物のような脂っぽい和食も、
炭酸が含まれているスパークリング清酒であればお口の中の脂をリセットしてくれます。
そこから違う料理に箸を伸ばしても、脂がその美味しさを邪魔することが無いのです。
スパークリング清酒は当然お米を原料にしていますから、お米を主食としている和食と相性が良いのは当然です。
スパークリング清酒は、ビールと日本酒の良い点を掛け合わせたお酒といえるでしょう。
日本酒が苦手な女性でも気軽に飲むことが出来ますから、
デートなどで居酒屋をご利用の際にはスパークリング清酒を用意しているお店を利用すると、
彼女にも美味しく日本酒をお飲みいただけます。
今までスパークリング清酒を飲んだことが無いという人は、ぜひ和食と一緒にご堪能ください。

 

銀座の接待で使うお店でも、スパークリング清酒に合う料理を楽しむことができそうです。


このページの先頭へ戻る