和食の食べ方に関する豆知識

和食の食べ方に関する豆知識

せっかく食事をするのであれば、出来るだけ美味しくなるような食べ方を実践したいですよね。
居酒屋をはじめとした飲食店では同じ量のメニューを注文した場合、どのように食べたとしても料金は同じです。
しかし、食べる順番や食べ方を少し工夫するだけで味わいが驚くほど変化することも少なくありません。
そこで今回は、和食を食べる前に知っておくと役立つ食べ方の豆知識を見ていきましょう。

 

和食において重要なのは、味付けを意識しながら食べる順番を決めるということです。
人間の舌は濃い味付けの物を食べてしまうとそれに慣れてしまう傾向にあります。
端的に言うと、味が濃いものを食べた後に薄い味付けの物を食べてしまうと後者の味を感じにくくなってしまうのです。

 

和食はもともと繊細な味付けの料理が多いため、この原則を知らずに食べていると本来の美味しさを堪能することなく食事の終えてしまうのです。
これは非常に勿体ないといわざるを得ませんよね。

 

和食を食べる際には、まず食材本来の味わいが強く感じられるメニューを注文しましょう。
シンプルなサラダや酢の物、塩味の焼鳥、お刺身といったメニューが良い例です。
こういったメニューで舌とお腹を慣らしたところで、濃い味付けの料理へと移行します。
すき焼きや焼鳥のタレ味、揚げ物といったメニューはここまで我慢しておきましょう。

 

お酒に関しても料理と同じく、濃厚な風味の物は後回しにしてください。
日本酒を飲む際には、爽酒と呼ばれるカテゴリのお酒は食事の初めに飲むと良いでしょう。
熟酒や醇酒は、ある程度良いが回ってきたときにじっくりと味わってみてください。

 

 

関連ページ

すき焼きのマナーについて
すき焼きのマナーについて
しゃぶしゃぶのマナーについて
しゃぶしゃぶのマナーについて
和食を美味しくするマナー
和食を美味しくするマナー
お刺身を食べる時のマナー
お刺身を食べる時のマナー
焼き魚をきれいに食べるコツ
焼き魚をきれいに食べるコツ

このページの先頭へ戻る