東北の鍋料理を居酒屋で

東北の鍋料理を居酒屋で

冬に居酒屋を訪れたときの定番料理といえば鍋ですよね。
渋谷のイタリアン鍋がおいしいお店が私はお気に入りです。
皆さんもご存知のように、日本全国にはご当地の名物鍋料理がいくつも存在します。
郷土料理を提供する居酒屋では、こうした鍋料理とともに地酒を楽しめるため、
まるでその土地を旅行しているような気分に浸ることが可能なのです。
今回は、鍋料理の中でも全国的に有名な東北の芋煮とせんべい汁について詳しく見ていきましょう。
芋煮とは東北の広い地域で食べられている里芋を使った煮込み料理のことです。
どこが発祥かは詳しく分かっていませんが、
山形県では昔から野外で友人や家族と芋煮を作って食べる芋煮会が開かれています。
味付けは地域ごとに異なり、宮城県では味噌をベースとしたスープに里芋と豚肉を入れるケースが多く見受けられます。
一方で山形県では醤油ベースのスープに牛肉やキノコを入れる家庭が多いようです。
ただし、地域というよりも家庭ごとに味が異なる料理ですから一概にどの味がどの地域であると決めつけることは出来ません。
居酒屋などで提供される芋煮も店主の家庭の味であることが多いため、店によって味が変わってくることに注意してください。
せんべい汁とは青森県八戸市を中心として広まりつつあるご当地グルメです。
こちらは、地元の食材がたっぷり詰まった鍋の中に南部せんべいを溶かして食べるという形式の料理です。
通常のせんべいと違い、鍋に入れても溶けにくいため食感を失わずに楽しむことが出来ます。

基本的には鶏肉と塩で出汁をとったシンプルな味わいです。
そこに魚介の具材をアクセントとして加えることもありますし、味噌ベースのスープで楽しむ家庭も見られます。
芋煮やせんべい汁は東北の風情をかんじられる鍋料理です。
居酒屋で食べる際には、ぜひ地酒と一緒に召し上がってみてください。


このページの先頭へ戻る