和食とは

和食とは

わが国でなじみの深い食材を用い、
わが国の風土の中で育ってきた伝統的な料理を日本料理といいます。
日本料理は日本食とも呼ばれ、
食材そのものの味と旬を大切にする食事を和食と呼びます。

 

狭義にはわが国特有の調理法で作られた
精進料理・懐石料理・御節料理などの伝統的なもので、
広義にはわが国において日常的に
料理したり食べたりしている食事すべてが含まれます。

 

日本人にとっての和食の代表といえば寿司・天婦羅・蕎麦などですが、
お好み焼きや鉄板焼きなどは和食というイメージではあまりありません。
しかし外国人にとってみればお好み焼きや鉄板焼きなども
日本独特の料理と受け止められており、寿司・天婦羅・蕎麦と同様に和食なのです。
2013年12月に「和食」(正確にいえば「和食をめぐる文化」)がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
この登録申請の際に農林水産省では、
「和食の特徴」を4つに整理していますのでそれを紹介しておきましょう。

 

・各地で地域に根差した多様で新鮮な食材が用いられ、
その素材の味わいを活かす調理技術・道具が発達している。
・一汁三菜を基本にした栄養バランスに優れた動物性油脂の少ない
健康的な食生活を実現しており、それが日本の長寿や肥満防止に役立っている。
・季節の葉や花で料理を飾り季節に合う調度品や器を利用することで、
食事の場で自然の美しさや季節の移ろいの表現を楽しむ。
・日本の食文化は正月などの年中行事と密接に関わって育まれてきたもので、
食を分け合ったり食の時間を共にしたりすることで家族や地域の絆を深めてきた。

 

私のおすすめなお店はこちら。https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13184885/


このページの先頭へ戻る