和食とワインの驚きの相性

和食とワインの驚きの相性

ワインといえばイタリアンやフレンチといった洋食に合わせるのが一般的と考えている人がほとんどだと思います。
確かに、ワインは欧米の食事と一緒に飲むことで美味しさが引き出されるお酒ですが、実は和食との相性が良いという点も注目を集めています。
国際的に和食が有名になりつつある昨今、和食は日本だけのものではありません。
外国から流入したお酒と合わせても美味しいという新たな魅力が、和食のさらなる発展に貢献することでしょう。
そこで今回は、ワインと共に味わっていただきたい和食をご紹介します。

 

 

 

 

ワインは大きく分けて赤、白、ロゼという3つの種類が存在します。
赤ワインに関しては、濃厚で渋みのある味わいが特徴です。
ブドウの皮を取り除くことなく醸造させた赤ワインは、渋みによって料理の味を引き立て、深みのある風味に変化させるのです。
こうした赤ワインの特色をお活かすには、濃厚な味付けの和食をテーブルに並べてみてください。
例としては、たっぷりと味が浸み込んだ肉じゃが、すき焼きがおすすめです。

 

煮込み料理は食材の味だけでなく調味料の味も強く感じられます。
赤ワインの渋みはこうした料理には無い風味です。
渋みによって強調されたに着けの味わいは皆さんを虜にすることでしょう。

 

白ワインに合うおつまみとしてはお刺身や酢の物、浅漬けといったシンプルな料理がおすすめです。
白ワインは食材そのものの魅力を損なうことなくブドウの酸味と仄かな甘みが食欲を引き立てます。
最近では居酒屋でワインを提供する光景がよく見られるようになりました。
グラス一杯から注文出来るので非常にリーズナブルですから、普段はワインを呑まないという人にもぜひご利用いただきたいところです。


このページの先頭へ戻る