焼き魚をきれいに食べるコツ

焼き魚をきれいに食べるコツ

和食では魚を生で食べる、煮て食べる、
焼いて食べるといったさまざまな調理法で頂くことができます。
居酒屋でも、ひとつのお店にお刺身から煮魚、焼き魚まで
揃っていることも珍しくありません。
名古屋駅にある和食系居酒屋は旬の魚も取り扱っていてとても人気です。

 

しかし近頃は魚を上手に食べることができない方が増えています。
魚の食べ方が汚いと、
食事のマナーが身についていない人だと思わることさえあるのです。

 

焼き魚は刺身や煮魚と違って
魚一匹がまるごと焼かれた状態で出てくることが多いため、
食べ方が難しいのです。

 

しかしコツさえしっかり覚えてしまえばそれほど難しいことではありませんし、
一度食べ方を身に着けておけば一生涯それが使えますので
今のうちに習得しておきましょう。

 

焼き魚をきれいに食べる人というのは、
食べ終わった皿に頭と骨、しっぽくらいしか残っていません。

 

一方で食べ方の汚い人というのは、頭や骨、しっぽに加えて
他のものが皿のあちこちに点在しているため汚く見えるのです。

 

きれいに焼き魚を食べるコツの一つが、
食べられない骨や頭を一部にまとめて置いておくことです。

 

散らばっておいておくと汚く見えてしまいますので、
ひとまとめにしておいたほうがきれいに食べたように見えるのです。

 

後は箸の使い方もポイントになります。
箸の使い方が下手だと、
骨から魚の身をきれいにはがすことができないのです。

 

それなので手を使って身を骨から剥がそうとしたり、
身がまだ残っている状態で骨を残してしまうため汚く見えるのです。

 

箸の使い方は見られていないようで意外と見られている部分ですから、
大人になってからでも矯正したほうがいいでしょう。
大人用の矯正箸も販売されていますので試してみましょう。


このページの先頭へ戻る