和食居酒屋とは

和食居酒屋とは記事一覧

もんじゃ焼きを居酒屋で

居酒屋でおつまみとして食べるものといえば、お肉やお魚といったおかずになるものを想像する方が多いかもしれません。確かにそういったメニューも美味しいですが、最近では粉物をお供にお酒を楽しむ方が増えているのです。それを証明するかのように、粉物を提供する居酒屋が続々と登場してきています。今回は、そんな粉物の中でももんじゃ焼きに注目していきましょう。もんじゃ焼きは東京の下町で生まれた家庭料理です。駄菓子屋で子供たちのおやつ代わりとして小麦粉に出し汁を混ぜたものを鉄板で焼いて提供していたのが始まりとされています。そこから大人たちにも広まり、現在ではもんじゃ焼き専門店やもんじゃ焼きと一緒にお酒を楽しめる居酒...
続きはコチラ

居酒屋でお好み焼きを美味しく食べたい

最近ではテーブルに鉄板が設置され、そのうえでお客自信が具材を焼いて食べる形式の居酒屋が増えてきました。こうした提供方法のメリットは、お店側が最後まで調理しなくても良いという点です。材料さえ切っておけばあとはお客が自分で焼いてくれます。人件費の節約にも繋がりますし、お客の方も出された料理を食べるという従来のスタイルよりも自分たちで焼くというアクションが加わることでより思い出に残りやすいのです。そんな鉄板を利用した居酒屋メニューの中でも、お客の腕が問われるものといえばお好み焼きです。焼き方のコツを知っていればお好み焼きはさらに美味しくなります。今回は、居酒屋でお好み焼きを食べる際に注意するポイント...
続きはコチラ

ほうとうはお酒の締めにピッタリ

お酒を飲んだときに、締めの一品を食べたくなるという人はいませんか?お酒を分解するときに消費される塩分や糖質を身体が求めているからです。ラーメンやお茶漬けといったメニューがお酒の締めとしては定番ですよね。こういったメニューに飽きてきたという人は「ほうとう」で締めてみましょう。ほうとうとは山梨県で昔から食べられている郷土料理です。イメージとして味噌を基調としたスープで煮込まれたうどんを思い浮かべていただくとわかりやすいでしょう。しかし、その味わいはうどんとは似て非なるものとしか言いようがありません。うどんとの大きな違いは麺の作り方です。ほうとうもうどんも小麦粉を練って麺にするのですが、ほうとうはま...
続きはコチラ

東北の鍋料理を居酒屋で

冬に居酒屋を訪れたときの定番料理といえば鍋ですよね。皆さんもご存知のように、日本全国にはご当地の名物鍋料理がいくつも存在します。郷土料理を提供する居酒屋では、こうした鍋料理とともに地酒を楽しめるため、まるでその土地を旅行しているような気分に浸ることが可能なのです。今回は、鍋料理の中でも全国的に有名な東北の芋煮とせんべい汁について詳しく見ていきましょう。芋煮とは東北の広い地域で食べられている里芋を使った煮込み料理のことです。どこが発祥かは詳しく分かっていませんが、山形県では昔から野外で友人や家族と芋煮を作って食べる芋煮会が開かれています。味付けは地域ごとに異なり、宮城県では味噌をベースとしたスー...
続きはコチラ

石狩鍋とお酒を楽しむ

北海道といえば日本を代表する食の宝庫です。豊かな自然と広大な大地、海の幸を用いた名物料理がいくつも存在します。そんな北海道の料理でも特にお酒に合うものとしておすすめしたいのが石狩鍋です。今回は、居酒屋で石狩鍋を食べる前に知っておくと役立つ知識について詳しく見ていきましょう。石狩鍋とはその名の通り北海道の石狩市で食べられている郷土料理です。基本的な具材はキャベツや玉ねぎといった野菜と大きくカットされた鮭です。そこにキノコやイクラといった具材を添え、魚介の出汁をたっぷりとったスープで煮込みます。最後に味噌とバターを加えたら完成です。もともとは漁師たちが酒を食べるために作っていた賄い飯でした。その美...
続きはコチラ

和食の旬の魅力

和食の魅力と言えば、栄養のバランスがよくて、低カロリーなので、健康的だという点が注目され、世界中で人気を集めています。もちろんそれも和食の魅力の1つですが、他にも和食の魅力はあります。それは、旬の食材を活かして作られた料理だという点です。旬の食材は、特に栄養価が高く、味も美味しく、価格もリーズナブルに仕入れる事が可能です。また、食事の中で季節を感じる事が出来るのも、とても素敵な事ですよね。特に秋の味覚といえば、秋刀魚や松茸が有名です。それに新米の季節でもありますから、お米が基本の和食は、1年の中でも最も美味しい季節だと言えるでしょう。また冬になれば、寒い冬に身体の芯から温めてくれる鍋料理や、寒...
続きはコチラ

和食はコミュニケーションツール

和食はコミュニケーションツール、そう言われると何で?と不思議に思う人もいるかもしれません。ですが、和食は他の料理と比べても、一緒に和食を食べる事で、仲が深まり、親密になりやすいと言えるでしょう。例えば、和食の鍋料理なんてまさにそうです。1つの鍋を複数で食べる訳です。なかなか他の料理で、1つの鍋を複数で食べる料理はないように思えます。鍋料理は、鍋奉行と呼ばれる人がいて、みんなで鍋を美味しく食べられるように、いろいろな気遣いがみられます。それに同じ鍋で食べる事によって、連帯感が生まれ、自然と会話も生まれ、アットホームな空間が生まれます。あるアンケート調査では、鍋料理を食べる場合と、他の料理を食べる...
続きはコチラ

旬の和食に旬の新酒を

和食は、旬の食材を活かして味わう料理です。そして、そんな和食に合わせて飲みたい日本酒にも、実は旬が存在すると知っていますか?日本酒の仕込みは基本的に10〜3月にかけて行われます。なぜ10月なのかというと、秋に収穫された新米を原料に製造するためです。そして、10〜3月に仕込んだ日本酒が、様々な工程を経て12月になると完成するので、12月が日本酒の旬で新酒は発売されます。新酒の魅力は何かというと、味と香りのフレッシュさにあります。新酒はしぼりたてと表記される事も多く、しぼりたてならではの荒々しさと華やかしさが魅力だと言えるでしょう。また旬のこの時期しか味わえないという点も魅力です。新酒が発売される...
続きはコチラ

和食のお店選びの決め手はだし巻き卵

美味しい和食のお店の見つけ方のポイントは、だし巻き卵が美味しいという事です。だし巻き卵は和食の基本料理です。一見簡単に作れそうなだし巻き卵ですが、キレイに巻いて美味しいだし巻き卵を作るのはテクニックが必要です。そのため、だし巻き卵が美味しいお店は、他の料理も全て美味しいというケースが非常に多いのです。ただし、注意点としてはだし巻き卵は地域によって、味付けが大きく異なるという点です。例えば関西のだし巻き卵と言えば、ダシを多く入れるため、甘くないだし巻き卵が一般的です。対して、関東のだし巻き卵は砂糖を多めに入れる甘いだし巻き卵です。そのため、関西人が子供の頃から慣れ親しんできたのは、甘くないだし巻...
続きはコチラ

旬の魚を居酒屋で

居酒屋では四季折々の味を堪能することが出来ます。旬の食材が美味しいということは皆さんも経験的にご存知だと思いますが、居酒屋ではそれをお酒と共にお楽しみいただけるのです。そこで今回は、居酒屋でぜひ食べていただきたい旬の魚についてご紹介します。春に旬を迎える魚としてはイサキがおすすめです。イサキの特徴としては春になると身に脂が乗り、濃厚な味わいに変化するという点です。塩焼きなども美味しいですが、煮つけにすると脂っぽさが程よく中和されます。こうして調理したイサキと合わせていただきたいのがビールです。喉越し重視で味わうビールは、イサキの風味を損なうことなく麦の香りがお口の中で広がるのです。春に居酒屋を...
続きはコチラ

おすすめの和食居酒屋とは

実家に帰ったときに感じるホッと一息つく感覚を、皆さんも一度は味わったことがあることでしょう。心の故郷は人それぞれですが、多くの日本人が和食に郷愁を感じる傾向にあります。海外旅行してきた方が、味噌汁を恋しく感じるという話をよく聞きますよね。和食は日本人の食の拠り所として昔から愛されてきたのです。今回は、そんな和食を提供する居酒屋の中でも特におすすめしたいお店の特徴についてご紹介します。食事とは五感の全てを活用して料理と向き合う儀式です。味さえ良ければ良いという考えの方もいるかもしれませんが、そんな人にこそ五感に訴えかけるようなお店で和食を味わってみていただきたいのです。例えば、五感の中でも常に働...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る