和食の魅力

和食の魅力記事一覧

海外にも広まる和食の魅力

肥満人口が多い欧米では、近年和食の健康効果が高く評価されています。バーやビアホールではなく、日本風の居酒屋の出店数が増加しているのです。こうしたお店で提供される料理は、その土地の食材を使い、現地の方の舌に馴染みやすい味に仕上げられています。こうした現象を鑑みるに、現代は日本という島国で独自の発展を遂げてきた和食にとって転換期となっています。和食を世界へ広めようという動きが活発化した結果、2013年にはユネスコの無形文化遺産に登録されたのです。これから和食は、世界の料理と切磋琢磨することでさらなる進化を見せてくれることでしょう。和食と同時に世界へと認知され始めたのが、日本酒や居酒屋文化です。まだ...
続きはコチラ

みんなで楽しむ場所として

居酒屋といえば、仕事帰りのサラリーマンたちがお酒を飲みながら仕事の愚痴を語り合う場所というイメージが先行していました。確かにそういった一面があることは事実ですが、最近の居酒屋は女子会や合コンでも利用出来るほど洗練された雰囲気のお店も存在するのです。特に、ちょっとしたパーティーを開く会場として和食居酒屋を利用している人が増えています。その理由として挙げられるのが、料理やお酒、雰囲気に外れが無い点です。華やかな外観だけれど、料理がイマイチだった。楽しそうな雰囲気は良かったけれど、BGMがうるさすぎてイベントに水を差されてしまった。和食居酒屋であれば、こうした心配は不要です。和食といえば誰しも1度は...
続きはコチラ

1人でも楽しみたい

和食居酒屋の新たな形として近年注目を集めているのが和食バルです。バルとはカフェやバー、居酒屋が一緒になったお店のことをいいます。いわゆる1人飲みがしやすい点はバーに似ていますが、提供される料理やお酒の質は居酒屋やその他の飲食店に勝るとも劣りません。スペインでは昔からこうしたバルという形態の飲食店が市民から広く支持されていました。1人で訪れるお客が多いため、出会いの場としても人気なのです。これを日本風にアレンジしたのが和食バルです。和食バルは、料理や雰囲気、お酒などあらゆる点が和食居酒屋に近いバルになります。和食とお酒が好きだけど、居酒屋に1人で入るのは難しいという方にオススメです。和食バルの面...
続きはコチラ

和食とは

わが国でなじみの深い食材を用い、わが国の風土の中で育ってきた伝統的な料理を日本料理といいます。日本料理は日本食とも呼ばれ、食材そのものの味と旬を大切にする食事を和食と呼びます。狭義にはわが国特有の調理法で作られた精進料理・懐石料理・御節料理などの伝統的なもので、広義にはわが国において日常的に料理したり食べたりしている食事すべてが含まれます。日本人にとっての和食の代表といえば寿司・天婦羅・蕎麦などですが、お好み焼きや鉄板焼きなどは和食というイメージではあまりありません。しかし外国人にとってみればお好み焼きや鉄板焼きなども日本独特の料理と受け止められており、寿司・天婦羅・蕎麦と同様に和食なのです。...
続きはコチラ

和食が世界中で支持される理由

2013年12月に「和食をめぐる文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。このことで和食と和食文化の海外普及には一段と拍車が掛かるものと思われます。わが国では食事の洋風化が進んでいますが、和食と和食文化は世界中に広がってきました。2013年の農林水産省の発表によれば2006年に世界中で約24000軒あった日本料理店は、2013年には55000軒まで急増しています。また2013年にジェトロ(日本貿易振興機構)が行った海外消費者意識アンケート調査によれば、自国以外で好きな外国料理に日本料理が83.8%の支持を得て第1位に選ばれています(中華料理:65.0%・イタリア料理:59.5%・タイ料理:...
続きはコチラ

魚の旬について

魚には旬があり、特に10月後半から3月にかけては、魚が美味しくなる季節だと言われています。なぜ10月後半から3月にかけて、魚が美味しくなるのかというと、それにはちゃんと理由があります。実は魚は人間と同じように、夏は水温も上がってしまい、食欲が落ちてしまうのです。その結果、夏の魚は痩せていて、脂が少なくなってしまいます。ですが、10月後半になると、水温が下がり、魚に食欲が戻り、エサをたくさん食べるようになります。そのため、その時期に収穫される魚は、丸々と太っていて脂がのっているので、美味しい魚となるわけです。また魚の旬は、産卵時期にも関係しています。魚は産卵期になると、栄養分がお腹の卵に集中する...
続きはコチラ

和食居酒屋

和食居酒屋とは特に明確な定義付けがあるわけではありませんが、日本酒を中心とした酒を飲みながらメインの料理として和食を味わう居酒屋のことです。居酒屋の名称で呼ばれていることから狭くて昔ながらの赤提灯の店や居酒屋チェーンの店を想像してしまいますが、ホームページなどの写真を見れば店構えはむしろ「割烹」や老舗の「料理店」に近いといえそうです。和食居酒屋では飲み物として日本酒がメインで提供されており、店によっては焼酎やビール、和食に合うワインなども提供されています。しかも日本酒や焼酎などは、日頃なかなか入手できない銘柄品やプレミアのついた地酒などが取り揃えられている店が多いようです。和食居酒屋で提供され...
続きはコチラ

刺身と調味料

居酒屋へ行けば、まず最初に注文するのは刺身という人も多いでしょう。それぐらい刺身はおつまみの定番となっています。では少し変わった刺身を食べたい、そんな人にお勧めしたい刺身が沖縄の魚の刺身です。沖縄は海に囲まれているため、魚介類が豊富で新鮮です。しかも沖縄以外では、見た事がない珍しい刺身とも出会う事が出来ます。例えば沖縄の魚で1番人気の「イラブチャー」は、見た目は真っ青なのでインパクトがある魚です。そのため味もインパクトがありそうと思う人もいるかもしれません。ですがブダイの一種なので、淡白で美味しい魚です。もちろん、刺身として食べる事も可能で、沖縄ではイラブチャーの刺身には醤油ではなく酢味噌和え...
続きはコチラ

もつ鍋の魅力と食べ方

冬の定番居酒屋メニューといえば、体をポカポカに温めてくれる鍋です。鍋と一口にいっても入れる具材や味付けによってバリエーションが広いので、いろいろな味の鍋を楽しめるのです。家庭でも冬に登場回数が増える鍋料理ですが、特に人気が高いのがもつ鍋になります。もつとは動物の内臓であり、肉の脂身のような柔らかい感触とこってりとした味が魅力で、男女共に人気の鍋メニューとなっています。人気の秘密は味がおいしいのはもちろんですが、とてもヘルシーだからです。もつ鍋はこってりとしていてカロリーも高そうに感じるのですが、実は脂肪分も少なく低カロリーなのです。肉の脂身のようなあのプニプニの正体は美肌作りをサポートしてくれ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る