和食のマナー

和食のマナー記事一覧

すき焼きのマナーについて

すき焼きは地域や家庭によって作り方、食べ方が異なる料理です。そのため飲み会の席で、大勢ですき焼きを食べる時には、すき焼きのマナーについて知っておきましょう。まずすき焼きの作り方は、関西風と関東風では大きく異なります。関西風のすき焼きは、最初に鍋に牛脂をひいて、肉の表面を焼いてから野菜を入れて、野菜から出る水分で砂糖や醤油を加えて味付けしていくのが一般的です。対して関東風すき焼きは、醤油、酒、砂糖、みりんなどの調味料を混ぜた割り下が用意されていて、割り下を鍋に入れて、肉や野菜を煮るのが一般的です。なのでお店ですき焼きを作る際には、割り下の有無を確認しましょう。そして具材を鍋に入れる際の注意点は、...
続きはコチラ

しゃぶしゃぶのマナーについて

しゃぶしゃぶは、鍋料理の中でも、食べたい食材をサッとお湯にくぐらせて食べるというシンプルな料理です。そのため、食べる順番などは自分の食べたいもの順でOKと思っている人も多いでしょう。ですが効率よくしかも美味しく食べるためには、ちゃんと食べる順番があります。では知っておいて損はない、しゃぶしゃぶの順番について紹介します。まず最初に、火が通るのに時間がかかる白菜の芯を鍋に入れているという人もいるかもしれません。ですがこれは順番的には、間違いです。なぜかというと、しゃぶしゃぶは最初にお肉を入れるのが正しい順番だからです。もちろん、キチンと理由があります。お肉を入れる事で、お肉からダシが出るため、お鍋...
続きはコチラ

和食を美味しくするマナー

食事の際にマナーについて皆さんはどのような考えをお持ちでしょうか?マナーとは共通認識が尽きり上げる適切な作法のことです。マナーを守っていない人がいると、周囲の人は不快な気持ちに陥ってしまうことがあります。すなわち、マナーを守ることは一緒に食事をしている人たちが気持ち良く食べられるようにするための配慮でもあるのです。また、正しいい作法を身に着けることで食事への理解が深まり、食べている本人も美味しさを強く感じることが出来ます。そこで今回は、和食を食べる際に知っておきたいマナーについて詳しく見ていきましょう。和食のときに良く用いられる割りばしですが、皆さんはどのようにして割っているでしょうか?正しい...
続きはコチラ

和食の食べ方に関する豆知識

せっかく食事をするのであれば、出来るだけ美味しくなるような食べ方を実践したいですよね。居酒屋をはじめとした飲食店では同じ量のメニューを注文した場合、どのように食べたとしても料金は同じです。しかし、食べる順番や食べ方を少し工夫するだけで味わいが驚くほど変化することも少なくありません。そこで今回は、和食を食べる前に知っておくと役立つ食べ方の豆知識を見ていきましょう。和食において重要なのは、味付けを意識しながら食べる順番を決めるということです。人間の舌は濃い味付けの物を食べてしまうとそれに慣れてしまう傾向にあります。端的に言うと、味が濃いものを食べた後に薄い味付けの物を食べてしまうと後者の味を感じに...
続きはコチラ

お刺身を食べる時のマナー

自宅でも居酒屋でも私たち日本人はお刺身を食べる機会が多くあります。外国人にとて魚を生で食べるのは抵抗があったようですが、昨今の和食ブームで寿司をはじめとした和食を外国人が好んで食べるようになりました。ところで日本人の私たちは、お刺身を食べる時のマナーを知っているでしょうか?刺身の食べ方にマナーがあること自体知らない方も多いのではないでしょうか?外食時に恥をかかないためにも、今からでも遅くはありませんので正しいマナーを身に付けましょう。お刺身はそのまま食べるのではなく、お醤油やわさびを少し付けて食べるのが一般的な食べ方です。お刺身を食べるときは醤油を入れるための器が用意されています。それに醤油を...
続きはコチラ

焼き魚をきれいに食べるコツ

和食では魚を生で食べる、煮て食べる、焼いて食べるといったさまざまな調理法で頂くことができます。居酒屋でも、ひとつのお店にお刺身から煮魚、焼き魚まで揃っていることも珍しくありません。しかし近頃は魚を上手に食べることができない方が増えています。魚の食べ方が汚いと、食事のマナーが身についていない人だと思わることさえあるのです。焼き魚は刺身や煮魚と違って魚一匹がまるごと焼かれた状態で出てくることが多いため、食べ方が難しいのです。しかしコツさえしっかり覚えてしまえばそれほど難しいことではありませんし、一度食べ方を身に着けておけば一生涯それが使えますので今のうちに習得しておきましょう。焼き魚をきれいに食べ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る