和食に合うお酒

和食に合うお酒記事一覧

日本酒と和食の相性

日本酒に合うアテはなんといっても和食です。日本酒と和食は長い歴史の中で互いに「和食に合う酒・日本酒に合う料理」として変化・発展してきたことから、日本酒と和食は基本的に相性が良いと言えます。しかし近年日本酒は香りや味わいなどで違いがあるものが醸造されるようになり、大別すると4つのタイプに分類できます。このことでタイプによって相性の良い和食にも違いが生まれてきました。このサイトではタイプ別の和食との相性について情報提供しましょう。1つ目は熟成タイプの「熟酒」です。3年以上熟成の古酒・秘蔵酒などが該当します。熟成した香りと芳醇な味わいが従来の日本酒と異なることで、相性の良い和食は限定されます。相性の...
続きはコチラ

焼酎と和食の相性

焼酎は食中酒として楽しめる世界で唯一の蒸留酒といわれます。特に本格焼酎は濃い味付けの料理などにも負けないし料理の油脂成分を流して口の中をさっぱりさせるなど、他の蒸留酒にはない食中酒にふさわしい酒質を持っています。焼酎は日本酒に負けないくらいどのような和食とも相性の良い「和酒」なのです。しかし焼酎にはさまざまな原材料が使用されており、その香りが強いことから、すべての焼酎がすべての和食に合うということではありません。このサイトでは焼酎の代表的な原材料ごとに、相性のいい和食を紹介しましょう。まずは本格焼酎の代名詞と言える「芋焼酎」からです。芋焼酎の薩摩芋の強い香りが油っぽい料理に負けないで、旨みが口...
続きはコチラ

鍋料理に合うお酒とは

冬の定番料理である鍋は、いろいろな具材や味付けでバリエーションが増やせるので、鍋料理が続いたとしても飽きることなく食べられます。また野菜や肉、魚といったいろいろな具材を一度に食べることができること、油を使わずに調理することからとてもヘルシーなのです。居酒屋でも冬に鍋料理を提供しているところを多く見かけます。鍋料理と合わせるとしたら、どのようなお酒が合っているのでしょうか。食べる鍋の味付けや好みによって合うお酒が変わってくることもあるのですが、鍋料理と合わせて食べたいお酒についてアンケートをとってみたところ、次のような結果が得られました。鍋料理と合わせたいお酒で最も人気が高かったのはビールです。...
続きはコチラ

スパークリング清酒と和食

最近では、海外での和食人気が高まっています。日本へやってくる外国人はもちろんのこと、海外に出店する和食店の数も年々増加しているのです。そんな和食ブームをひそかに支えているのがスークリング清酒という炭酸入りの日本酒です。今回は、スパークリング清酒と和食の相性について詳しく見ていきましょう。スパークリング絵師酒の魅力は、何といっても口当たりの優しさです。日本酒に多い辛口のお酒は口当たりが強く、日本酒が苦手な人にとってはこの吉当たりのせいでなかなか食指が伸びないことも多いのです。スパークリング清酒は炭酸のおかげでビールやシャンパンのようにごくごく飲むことが出来ます。そのおかげで、日本酒が苦手という人...
続きはコチラ

和食に合うワイン

皆さんは、和食にどのようなお酒を合わせて飲んでいるでしょうか?ビールや日本酒が一般的かもしれませんが、今度機会があったらぜひワインと一緒に楽しんでみてください。和食とワインが合うなんて信じられないという人もいるかもしれませんが、意外なほど絶妙なハーモニーを奏でるのです。今回は、和食とワインを合わせるポイントについて詳しく見ていきましょう。和食とワインを合わせる原則は、料理の色とワインの色に注目することです。赤ワインは比較的濃い味付けの料理に、白ワインはあっさりとした料理によく合うとされています。和食は調味料を使う料理ほど色が濃くなる傾向にありますから、濃い味付けの煮物やかば焼きなどには赤ワイン...
続きはコチラ

刺身や寿司に合うお酒

外国人が好きな日本食を挙げてもらうと、お寿司と答える方が多く見られます。それくらいお寿司やお刺身は和食の定番として、外国人からも広く認知されるようになったのです。お刺身にお酒を合せるとしたら、どのようなお酒が合うのでしょうか。刺身やお寿司は和食だから、日本酒が最もよく合うと思っている方が多いのですが、必ずしもそうだとは限りません。また日本酒にもいろいろな種類がありますので、食べるお刺身の種類によって日本酒の種類を選んだ方がより一層お酒もお刺身も美味しく頂くことができるのです。刺身にも色々な種類がありますが、刺身の定番であるまぐろやぶり、サーモンといった脂ののっているお刺身やお寿司に合う日本酒は...
続きはコチラ

和食とワインの驚きの相性

ワインといえばイタリアンやフレンチといった洋食に合わせるのが一般的と考えている人がほとんどだと思います。確かに、ワインは欧米の食事と一緒に飲むことで美味しさが引き出されるお酒ですが、実は和食との相性が良いという点も注目を集めています。国際的に和食が有名になりつつある昨今、和食は日本だけのものではありません。外国から流入したお酒と合わせても美味しいという新たな魅力が、和食のさらなる発展に貢献することでしょう。そこで今回は、ワインと共に味わっていただきたい和食をご紹介します。ワインは大きく分けて赤、白、ロゼという3つの種類が存在します。赤ワインに関しては、濃厚で渋みのある味わいが特徴です。ブドウの...
続きはコチラ

和食とカクテルを楽しむ

和食と一緒にカクテルを飲む機会というものはあまりないかもしれません。和食は繊細な味付けが特徴ですから、甘さの強いカクテルと一緒に食べるとその魅力が消えてしまうと考えている人も多いことでしょう。しかし、カクテルのレシピは数え切れないほどありますから、日本酒に合うものも決して少なくないのです。今回は、和食と合わせて飲んでいただきたいカクテルを詳しくご紹介します。和食の美味しさを消さないためには、甘みの強くないカクテルを選択するのがポイントです。甘くないリキュールや香料を使ったカクテルの中でも、特におすすめなのがジンベースのカクテルです。その筆頭ともいえるジントニックは、ジンにライムと水を加えただけ...
続きはコチラ

変わり種のお好み焼き

関西では休みの日のお昼の定番・お好み焼きですが、お父さんはお好み焼きをつまみにビールを飲むなど、おつまみとしても人気があります。お好み焼きの定番と言えば、具材は豚バラ肉にキャベツ、揚げ玉ですが、具材に決まりはなく、自分の好みで色々とアレンジを加える事が可能です。お肉ではなく、イカやエビなどシーフードを入れたお好み焼きも美味しいですし、チーズやお餅を入れてとろけたお好み焼きも美味しいですよね。では、他にもどんな具材が合うのかちょっと変わり種のお好み焼きを紹介していきます。まず食感も味も楽しめるのが、スナック菓子を入れたお好み焼きです。ベビースターラーメンやポテトチップ、かっぱえびせんなどのスナッ...
続きはコチラ

蕎麦屋で昼飲み

昼間からお酒を飲もうと思っても、飲める場所が限られています。居酒屋やバーは、営業時間が夜からなので、昼間はまだ営業していません。ファミレスであれば、24時間営業していますが、ファミレスで昼間からお酒を飲むのは周囲の目が気になってしまいます。ですが蕎麦屋で昼飲みは、大人の休日を満喫している雰囲気になり、周囲の目も全く気になりません。それに蕎麦屋で昼飲みをする魅力は、それだけではありません。まず、蕎麦屋で取り揃えているお酒は、店主の拘り厳選して選んだお酒なので、美味しいお酒が揃っています。酒器にも拘っているお店が多く、お酒の種類に合った酒器で出してくれるので、最も美味しい状態でお酒を堪能する事が出...
続きはコチラ

和食とビールをじっくり味わう

居酒屋などで宴会をしていると、乾杯はビールで行うのが当たり前になってきますよね。ビールは洋酒でありながらも、日本人の生活の中にしっかり溶け込んだお酒なのです。その理由として考えられるのが、日本人が昔から食べてきた和食と相性が良いという点です。いくらビールそのものが美味しくても、お一緒に食べる料理と合わなければここまで普及するのは困難だったことでしょう。今回は、そんなビールと和食をさらに美味しくいただくためのポイントについて詳しく見ていきましょう。和食の繊細な味わいを引き立てるには、なるべく口当たりが軽くて喉越しの良いビールが好まれます。そのため、日本では下面発酵という製法で造られたラガーという...
続きはコチラ

バーボンと和食の意外な相性

皆さんは、バーボンというお酒を飲んだことがありますか?バーボンとは簡単にいうとトウモロコシを使ったウィスキーの仲間です。トウモロコシが原材料の半分以上を占めていることがバーボンの条件ですから、当然麦を使ったウィスキーやブドウを原料としたブランデーとは全く違った味わいになります。アメリカ原産のお酒ですから、当然洋食との相性は抜群です。しかし、和食の中にはバーボンと意外なほど相性の良い料理があることをご存知の方は少ないと思います。今回は、バーボンに合わせていただきたい和食とバーボンの美味しい飲み方をご紹介します。バーボンは一口飲むとトウモロコシの風味がガツンと来るのが特徴です。インパクトの強いバー...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る